禁煙10周年

禁煙は精神的にかなり大変でした。

今年で、禁煙をして11年目になります。
10年前までは、ヘビースモーカーで1日2箱ぐらいたばこを吸っていました。
禁煙のきっかけはただの思いつきで、毎年、誕生日を機に何か1つ実行しようと決めています。
54歳の年末に、なんとなく、55歳(6月生まれです)になったら何をしようかと考えていて、
よし、煙草を辞めてみようと思いました。しかし、たばこは好きだし、別に辞める理由もありません。
本当に辞めれる自信もなく、半年前の1月1日からとりあえず試してみようと、実行することにしました。
半年あれば、誕生日までにはどうにかなるだろうと、安易な気持ちで始めました。
とりあえず大みそかの日に、最後の一服をして煙草・ライター灰皿等を捨てました。
元旦になって、さ~今日からだと気合を入れて・・・・1週間どうにか続けることができました。
1週間は、ほとんど家にいましたからどうにか続いていますが、
今週からは、仕事で外出しなければなりません。
仕事は、自由業で一人で働きますので問題はないのですが、
煙草を吸っている人を見て我慢できるかが問題です。そんな心配をしながら1カ月が経ちました。
これなら辞めれるかもと思うようになったころ、月の2~3回行くパチンコに行ったところ、
どこを見ても、煙草・たばこ・タバコで、これはいかんと???結局パチンコもやめました。
まああ、何の障害もなく禁煙10周年を迎えましたが・・・・・・
夢にでてくるのです。煙草を吸ってしまった夢です・・・ああ、やっぱり吸ってしまったかと・・・・
そこで目が覚めて、夢だったかとホットする日がかなり続きました。
どのくらい続いたかははっきり思い出せませんが、1年とか2年とかかなり続いた気がします。
やっと、もう、たばこは吸わないと確信できたのは、ここ2~3年で、煙草の匂いが嫌でしょうがないようになりました。
タバコを吸っていたころ、階段を上るだけですぐ息が切れて肺が痛くなってしまい、
げ~げ~と吐き気をもようすような症状もありましたが、まったくなくなり、階段も走って上がれるようななりました。でも、歳だから走って上がるのはやはりきついです。
禁煙するのは、かなり大変ですが禁煙が成功した暁には、すがすがしい毎日が待ています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする